BLOG ブログ

here comes a new staff

2015.08.30 12:26:10

皆さんこんにちは、いつもBarcaをご利用いただき誠にありがとうございます。

2015年9月より、新たなスタッフがBarcaに加わります。

 

スタッフ こちらにはすでにアップしておりますが、写真はまだございません。

 

9月に改めて本人より自己紹介をさせていただきます。

新たに3人体制でスタッフ一同邁進してまいります!

どうぞご期待ください。

 

そしてまだまだスタッフは募集中です。

興味がある方はRECRUIT 求人をご覧ください。

 

そしてCONTACT お問い合わせへ!

 

ではでは。

 

疑問に答えます→市販のカラーは傷みますか? ②

2015.08.28 11:34:42

こんにちは、柳堀です。

疑問に答えます→市販のカラーは傷みますか? ①

の続きです。まだお読みでない方は上記リンクから是非。

 

練習を重ねた美容師が塗ると何が違うのか?

 

まずは『コーミング』

髪を梳かす技術です。

Screen-shot-2013-11-27-at-10.50.34-AM[1]

髪の毛を傷める原因の一つに『摩擦』があります。

『摩擦』単体でも髪に負荷がかかりますが、

乾燥の時期は『静電気』とプラスで倍率ドン!です。

 

また、髪は濡れると膨らんで傷つきやすくなります。

その髪を強引に梳かそうもんなら・・・

 

美容師は一日に何人もの髪を梳かします。

しかもBarcaはスタイリスト全員キャリア10年以上。

皆さんとは梳かし方ひとつ取ってもキャリアが違うのです。

素人に真似できる領域ではありません。練習すれば誰でも出来ます。

 

次に『塗り分け』

DSC_0518

新しく生えてきた黒い部分・すでにカラーリングの履歴がある明るい部分

それぞれの部分に同じカラー剤を塗布すると、

必然的に明るい部分に黒い部分より一度多く『傷み』を与えます。

如何に必要な分だけ必要な部分にカラー剤を塗っていくか。

これが重要です。

 

もちろんゆっくりやれば誰でも出来ます。

でもゆっくりやればキレイには染まりませんし

カラー剤が付いている時間が長いほど『傷み』はすすんでいきます。

 

Barcaはスタイリスト全員(以下略)・・・

 

『コーミング』と『塗り分け』

アシスタント時代からイヤというほど先輩に怒られる仕込まれる技術

当たり前のようにやっていますが、傷ませない為にかなり重要です。

 

長くなったのでこの辺りで一度切ります。

③では薬のパワーの話を掘り下げていきます。

 

※ この記事はセルフカラーを否定する為に書いているのではありません。

ただ、市販は安くて早い・美容室は高くて時間が掛かる。

時間・価格以外に『仕上がり』『施術後の質』も判断基準に加えていただければ

光栄です。

 

ではではまた③でお会いしましょう。

 

 

 

疑問に答えます→市販のカラーは傷みますか? ①

2015.08.26 18:26:56

こんにちは、柳堀です。

『市販のカラーは傷みますか?』

よく聞かれることです。

 

前提としてお話ししますが、カラー剤自体のパワーは

私たち美容師が使っているモノの方が強いです。

 

しかし、結果的に市販のカラー剤よりも美容室のカラーは傷みません。

何故なら『傷み』の原因は薬の強さのみではないからです。

 

市販と美容室のカラーのおおまかな違いは

・自分で塗るか、練習を重ねた美容師が塗るか

・薬の強さを変えられるか、変えられないか

他にも違いはありますが、上記2つの違いは『傷むか傷まないか』を大きく左右します。

 

練習を重ねた美容師が塗ると何が違うのか?

次のブログで詳しくお話しします。

 

ではでは

 

続きはこちら 疑問に答えます→市販のカラーは傷みますか? ②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近読んだ本 嫌われる勇気

2015.08.24 12:08:26

こんにちは、柳堀です。

 

前に読んだ本ですが

写真 2015-08-21 1 07 54

『嫌われる勇気』

いわゆる自己啓発本、ではないのですが

物事の考え方・受け止め方の基礎を作ってくれるような本でした。

 

共感する部分も多々あり、足りなかった部分を気付かせてもらえたりと

珍しく何回も読み返している本です。

 

『世の中嫌われてナンボ!』みたいな内容ではないので

嫌われたくない方に、お勧めです(笑)

 

ではでは

多摩川花火大会

2015.08.23 21:28:20

11808743218

昨日は、多摩川花火大会でしたね。

私、吉田は川崎市側、柳堀は世田谷区側で堪能してきました。

私は打ち上げの近くで川崎市花火協賛の放送スピーチを聞いていたのですが。。。

 

最初の川崎市市長のスピーチでは、

世田谷区の方がよいというお声が聞こえますが、川崎市の打ち上げる川岸の範囲が狭いので花火の種類が限られてしまいその範囲内で最高の演出をしますとのこと。

確かに違いはありましたが、どちらもよく歓声が聞こえ私自身感動しました。

 

他にも放送を聞いていたら花火をつかってプロポーズしている方もいました^^

思わず探しちゃいましたが、もちろん観客が多くて見つけられませんでしたが。。。

夏らしい思い出をつくれました。

 

stylist 吉田

古い記事

BARCA di Hairsalon

  • ウェブ予約
  • 03-3707-2707